ジラール・ペルゴ GIRARD PERREGAUX 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ

AREIZ・TFC

時計の買い取り 札幌ではアレイズへ

dummy_022.jpg

| HOME | ジラール・ペルゴ GIRARD PERREGAUX 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ |

更新日 2012-06-27 | 作成日 2008-05-17

ジラール・ペルゴ(GIRARD PERREGAUX)

~希少な真のスイスマニュファクチュール~


20081113142929s.jpgロレックス コスモグラフ デイトナ

GIRARD PERREGAUX ジラール・ペルゴ

☆ジラール・ペルゴの歴史

「ジラール・ペルゴは希少な真のスイスマニュファクチュールです。」

「マニュファクチュール」(自社一貫生産)の製品とは独創的な作品に対する総括的な技量概念を示します。

この独創性はデサインへの情熱と熟練の技術といった両者の調和から成
り立っています。

この理念をモットーにジラール・ペルゴは、大・小のコンプリケーションや様々なムーブメントの生産など、研究開発作業に日々、全力投球しています。

その結果、時計製造産業界でも独自の草案やムーブメントを持つ貴重な
存在となりまた。

勿論、この優れた技術は最先端のデザインやディテールのセンスと兼ね
合わせて、スタイリッシュで独創的なアプローチと切っても切り離せません。

なぜなら、ジラール・ペルゴの時計は何よりも表情豊かで情熱的なものを表しているからです。


☆ジラール・ペルゴの歴史年表


1791年

ジャン・フランソワ・ボットは幼くして孤児となったにも拘らず、毅然とした態度で実社会に取り組みました。

彼はケース、ギヨシェの組立師、 時計師、金銀細工師などの時計製造のあらゆる職を次々に学んでいき、全て自分自身でこなせるようになりました。


1791年、

19歳で初の時計を製作しました。

ジラール・ペルゴの出生はいわばこの歴史的出来事から始まりました。

この才能ある時計師ジャン・フランソワ・ボットは、超薄型懐中時計の創作で瞬く間に有名になりました。

彼はジュネーブに製造会社を設立し、その当時の時計製造に必要なあらゆる専門職人を一つ屋根の下に集結するという革新を達成しました。

この無限の単一性と共に、後のビクトリア王女を含む最も威信のある顧客
を迎えました。

この創意に富み天才的な実業家はヨーロッパ全体で当時最も有名な時計師
の一人とみなされました。

1837年

こうして名声を獲得したジャン・フランソワ・ボットの没後、ジャック・ボットとジャン・サミュエル・ロッセルが後継者となりました。

創始者ボットは、時計産業・文化という計り知れない価値の財産を彼らに残したのです。

1852年

コンスタン・ジラールはジラール社を設立しました。

二年後、彼はマリー・ペルゴと結婚し、二人の姓を組み合わせたジラール・
ペルゴ社を1856年、ラ・ショ・ド・フォンに誕生させました。


1867年
ジラール・ペルゴ社としての名声は、たったの数年間で瞬く間に世に広まり
ました。

1867年、コンスタン・ジラールのトゥールビヨンはパリの万国博覧会で金賞
を獲得しました。

さらに、1889年には、長年の研究を経て製作されたスリー・ゴールド・ブリ
ッジ付きトゥールビヨンを発表しました。

この傑作時計はパリの万国博覧会において金賞を受賞しましたが、1901年の博覧会では、ほかに比較すべき製品が見当たらないという理由から審査対象外とされました。

1880年以降、コンスタン・ジラールは革新的なアイディアの腕時計を開発し
ました。

これは、皇帝ウィルヘルム1世の注文により、ドイツの海軍将校用に考案さ
ました。

2000個が製造されたこの生産は、腕時計の初の重要な商業化となりました。

しかし懐中時計時代にこの革新的な着想はすぐには受け入れられませんでした。

腕時計が一般的なものになり、産業として発展を遂げたのは20世紀初頭以降のことです。

1903年

その後、コンスタン・ジラール=ガレ・ペルゴが亡き父の後継者として事業
を管理するようになります。

1905年、ジラール・ペルゴは時計の精密度への永続的な探求心が認められて、当時最も支持された国際的な時計博覧会の常任審査員に選ばれました。

1906年

かつてのボット社を買収し、ジラール・ペルゴ社と合併させました。

また、20世紀初頭に、フェルディナント・フォン・ツエッペリン伯爵が飛行船の滞空実験の記録にジラール・ペルゴの時計を使用しました。

1928年

ドイツ人の時計師で、ミモ (MIMO : Manufacture Internationale de Montres
Or) の所有者オットー・グラエフがジラール・ペルゴ社の株を買い取りました。

また、1930年には、腕時計の売り上げが初めて懐中時計を上回りました。

約50年の歳月を経てようやく、腕時計を開発したコンスタン・ジラールの先
見の明が実証されました。

1940年

ジラール・ペルゴはヨーロッパだけでなくアメリカ大陸市場でも順調に発展
を遂げていきました。

防水加工されたモデル、シーホークがその例に挙げられます。

ミモにおいては主としてヨーロッパ市場で普及しました。




1945年

アールデコからインスピレーションされたレクタンギュラー(長方形)のモデ
ルが創作されました。このモデルが50年後再び取り上げられヴィンテージ1945と命名されます。

1966年

ジラール・ペルゴはジャイロマティックという初のムーブメント(36,000振動/時)を開発しました。

この画期的なムーブメントを搭載した時計は予想通り見事な操作能力を獲得しました。

こうして1967年、ヌシャテル天文台により交付されたクロノメーター証明書の
70%がジラール・ペルゴのハイビート機械式クロノメーターに与えられました。

1970年

自社マニュファクチュールはこの時代にクォーツ・ムーブメントの分野にも関
心を寄せます。

スイスで初めてのクオーツ腕時計の工場生産を行いました。

この時ジラール・ペルゴが決定した32,687ヘルツの周波数はクオーツウオッチの世界規格として今日も広く用いられています。

1975年

ジラール・ペルゴは、オクトゴナル(八角形)のベゼルやケースと一体化した
光沢のあるベルトを特徴とするスポーティーなモデル、ロレアートを発表しま
した。

1981年

クォーツの飛躍の一方、スイス時計製造産業は危機にみまわれます。

ジラール・ペルゴは、伝統的な機械式時計の復活に賭けるという高級時計会社にはめずらしいリスクのある選択を取りました。

こうして、ジラール・ペルゴの時計職人たちは、かの有名な懐中時計、スリー
・ゴールド・ブリッジ付きトゥールビヨンの約20個のレプリカ製作に取りかか
りました。

1991年

創業200周年を祝い、スリー・ゴールド・ブリッジ付きトゥールビヨンを縮小
した腕時計の製作を実現しました。

1992年

イタリアの元カーレーサー、建築家であり企業家のルイジ・マカルーソがジラール・ペルゴの指揮をとります。

1993年

ルイジ・マカルーソの推進力でフェラーリとブランド・ライセンス契約を結びました。

そして、フェラーリの伝説である跳馬マークを刻印したスプリット・セコンド
・クロノグラフの限定生産が行われました。

このパートナーシップは1994年から2004年にかけてスポーティーなモデルやグランド・コンプリケーションなどの優れたコレクションを生み出しました。

1994年

スイス時計製造会社の多くがムーブメントの設計や製造などを他のサプライ
ヤーに委ねている時代に、ジラール・ペルゴは、マニュファクチュール(自社
一貫生産)の論理を推進するために多大な努力を注ぎました。

こうして、1994年には超薄型自動巻ムーブメントGP3000 とGP3100が発表されました。

1998年

ジラール・ペルゴは、ヴィラ・マルガリータを購入しました。

20世紀初頭のこの建物は、ジラール・ペルゴ時計ミュージアム開設のために内部に手が加えられました。

1999年

ジラール・ペルゴは、ジュネーブの国際高級時計展(SIHH)に初めて出展し、自動巻きのスリー・ゴールド・ブリッジ付きトゥールビヨンを発表しました。

これは、プラチナ使用の回転ローター(1999年、特許取得)を香箱の下に組み込むことにより完成しました。

また、マニュファクチュールは同年、直径わずか23.30mmのコラムホイール・クロノグラフ・ムーブメントを開発しました。

2001年

ジラール・ペルゴはビッグデイト表示やムーンフェイズインジケーターなどの新機能を導入しました。

同年、クロノグラフの偉大なる伝統に忠実に、マニュファクチュールはww.tcクロノグラフ(ワールド・ワイド・タイム・コントロール)機能やワールドタイム機能を兼ね備えた様々な大きさのモデルを紹介しました。

2003年
クォーツの歴史においてその役割を証明するようにこの年にクォーツ全盛だったジラール・ペルゴは新クオーツ・ムーブメントを発表します。

2004年

マニュファクチュールのアプローチに忠実に、ジラール・ペルゴはスモール・コンプリケーションの機械式ムーブメントを取り入れた婦人時計のニューシリーズ、キャッツアイを発表します。

この年、自社ブランドはアメリカズカップでBMWオラクル・レーシングチームを後援しました。

さらに、同年12月に、グシュタードに初のブティックをオープンしました。

2006年

高級時計の国際サロンの枠組みの中で、ジラール・ペルゴは、直径GP2700と直径GP4500で飾られた自動再組立に、機械的な動きの彼の財布を展示した。

その有名な発明の才と技術のバージョン、サファイアのスリーブリッジ付きロレアトEvo3トゥールビヨンモデルとともに、現在のブランド。







20081113142937.jpgロレックス GMTマスターⅡ

ブランド ジラール ペルゴ
タイプ メンズ 文字盤 シルバー
ギョーシェ
商品名 スクエアカンバード
クロノグラフ 型番 24980.0.11.1041
機能 クロノグラフ
デイト表示 外装
材質 SS ケース
サイズ 40
機械 自動巻
定価 522,900円 (税込)