ルイ・ヴィトン LOUIS VUITTON  買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ

AREIZ・TFC

時計の買い取り 札幌ではアレイズへ

dummy_022.jpg

| HOME | ルイ・ヴィトン LOUIS VUITTON  買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ |

更新日 2012-06-27 | 作成日 2008-05-17

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON )

歴史の始まり・・貴族のための旅行鞄


Ci080107165417.jpgチュードル クロノグラフ

パリのオペラ座にほど近いカプシーヌ大通りにあった荷造り用木箱製造店で見習い職人の職にありついたルイ・ヴィトンは約20年という長い時間をかけて職人としての腕を磨き、1854年についに独立、パリのキャプシーヌ通り4番地に世界初の旅行鞄専門のアトリエ「LOUIS VUITTON」1号店をオープンさせました。



折しも時代は馬車から鉄道へと旅の移動手段が移りつつあった矢先。貴族達は避暑地への移動に鉄道を利用する事がステイタスとなっていきました。



ルイ・ヴィトンが作り出す堅牢で防水性のある旅行ケースは瞬く間に貴族達の間で評判となり、ナポレオン3世の皇妃ユージェニーが旅行用衣装箱を発注した事でヨーロッパでの地位は確固たるものとなりました。

その実力が認められ、1867年のパリ万博で銅メダルを授与されまでに成長していきます。



その後、ルイ・ヴィトンの象徴ともいえる、日本の市松模様をアレンジした「ダミエ」やL、V、花、星を組み合わせた「モノグラム」が次々と考案され、徐々に世界的な人気を獲得していきました。



1978年にはついに日本上陸。東京と大阪にルイ・ヴィトンストアがオープンしました。



その後、モエ・へネシー社との合併により、LVMH モエヘネシー・ルイ ヴィトンが誕生。現在では、セリーヌ、クリスチャン・ディオール、フェンディ などを傘下にした、世界最大のブランド・グループを率いています。


現在でも、ルイヴィトンは世界でもっとも人気のあるブランドとして高い人気を誇っており、毎シーズン発表される新しいコレクションは、多くの人々の注目を集めています。







lv00501.jpgチュードルの薔薇

ルイ・ヴィトンではここ数年、ジュエリーや時計を本格展開し続けている。

ルイ・ヴィトンやグッチなどに代表されるブランド時計はもともとはご存じのようにバックから始まったブランドですがその後アパレルや靴、アクセサリーなどを販売する総合ブランドになっています。

言うまでもなくルイ・ヴィトンは本来、ウォッチメーカーではないものの、「タンブール」や「スピーディオ」といったウォッチラインを手に取って眺めてみる.

そのデザインが持つ輝きや、質感のセクシーさに実に驚かされる。

まさに“デザインの本質、ここにあり”といった美しさであり、その秘訣は何であろうと考えてしまうほど。

もちろん、ウォッチのレザーベルトの質感もさすがの一言。

現在は時計メーカーとブランド時計の境界線が曖昧になり、さらにその傾向は進んでいる。

時計メーカーとして他と差別化していた機械式時計に関しても、今や数多くのブランドメーカーやジュエリーメーカーが手がけるようになった。

その要因としてブランドのグループ化が大きなウエイトを占めている。

たとえばカルティエをはじめとするのリシュモングループやルイ・ヴィトンのLVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ)などは本格的な機械式時計メーカーをその傘下としている。

ブランド戦略やマーケティング力、販売力やニーズを取り入れる感性などは時計メーカーよりも優れている。


--------------------------------------------------------------------------------




lv016.jpgチュードル クロノグラフ
undefined

品名 スピーディ クロノグラフ

SPEEDY CHRONOGRAPH

型番 Ref.Q212G

素材 ケース ステンレススチール

ベルト 革

ダイアルカラー ブラック

ムーブメント 自動巻き

防水性能 100m防水

サイズ ケース:40.5 mm(リューズ除く)

メンズサイズ

ガラス サファイヤクリスタル風防

仕様 クロノグラフ / 日付表示

備考 2005年に発売された、ルイヴィトン・ウォッチコレクション初の角型シリーズ