ロレックス ROLEX 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ

AREIZ・TFC

時計の買い取り 札幌ではアレイズへ

dummy_022.jpg

| HOME | ロレックス ROLEX 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ |

更新日 2012-06-27 | 作成日 2008-05-17

ロレックス(ROLEX)

~時計史に革命を起こし時計界のトップに~


20080925184545.jpgロレックス コスモグラフ デイトナ

ROLEX ロレックス

data

創業年/1905年

創業者/ハンス・ウイルスドルフ

創業地/イギリスロンドン

現在地/スイスジュネーヴ

ダイヤルに、リューズに頂く王冠のマークも誇らしげに、時計界のトップに君臨するロレックス。

その歴史は意外にも、ロンドンに始まった。 ドイツ・バイエルン州に生まれる。

スイスで時計販売の有能なセールスマンとして活躍していたハンス・ウィルスドルフは、ロンドンで自らの時計会社を設立することを決意。

そのロンドンで開業したのが「ウィルス&デイビス社」であり、これがロレックスの前身である。 

当時はまだ、懐中時計が主流の時代。

しかし彼はやがて来る腕時計全盛時代を予見していた。

腕時計に相応しい高性能な小型ムーブメントの供給先を探り、やがてシリンダー・エスケープメント式の女性用エボーシュを開発していたジャン・エクラー社に行き着いた。

すぐさま両社でエボーシュ供給の契約が結ばれ、腕時計製作への道がここに始まった。1907年には、ラ・ショー・ド・フォンに事務所を開設。

そしてその翌年、自社ブランド「ロレックス」が誕生する。

ジャン・エグラー社のムーブメントの優秀性は、1910年に腕時計では初のクロノメーター公認という形で証明される。

ロレックスの高精度な腕時計という信頼は、早くから実現されていたのだこ そして1926年、ロレックスは時計史に残る大発明を完成させる。

金属塊を削り出した堅牢なケースに、スクリュー式の裏蓋とリューズとを組み合わせたオイスター・ケースである。

これにより、時計は初めて完全防水を手に入れた。

翌年には、ロンドンの女性速記者メルセデス・グライツが、ロレックス・オイスターをはめたままドーバー海峡横断遠泳に成功。防水性能が証明された。

1920年代末には、秒針ダイヤルを独立させたドクター・ウォッチ「プリンス」を発表。

同時に、自動巻き機構の開発にも同社は着手した。

当時の自動巻きのローターは、半回転巻き上げ式だった。

対しロレックスは、パーペチュアルの名で知られるより効率的な360度回転する全回転方式を開発。

今の自動巻き機構は、ロレックスに始まったのだ。

1945年には0時を境に瞬時に日付表示が変わる「デイトジャスト」も開発。

こうした技術革新によって、ロレックスの名は世界に広まった。

1950~1960年代には凄まじい開発力を発揮する。

1953年、100m防水枚能を持つ「オイスター・パーペチュアル・サブマリーナー」が誕生。翌年には200mにまで性能を高めた。

1953年に探検家用の腕時計として「エクスプローラー」が、1957年には「GMTマスター」が翌場し、スポーツモデルのラインナップが充実。

そして1960年代には「オイスター・コスモグラフ・デイトナ」の登場で、現行のモデルがほぼ出揃うことになる。
 
 2000年には、デイトナが自社開発ムーブメントを搭載して、リニューアルを図ったロレックス。

たゆまね開発精神こそが、時計界のトップに君臨する原動力になっているのだ。

ロレックスの語源・由来

チュードルというブランド名は「チューダー家」からとったものだというのは容易に想像できますが、ロレックスというブランド名の語源を知る人はいないかと思います。

1908年(ちょうど100年)に商標登録された「ロレックス」ですが、メーカーからの公式発表が無いので様々な説が存在します。

その中でも有力なのが、「ROLLING(継続)+EXTRA(特別)」という英語説、「HORLOGERIE(時計)+EXQUISE(精巧)」というフランス語説の2つです。

どちらも正しそうな感じがしますが、とにかくロレックスというブランド名にして良かったのではないでしょうか。

安易に創業者の名前をブランド名にして、「ハンス・ウィルスドルフ」などというブランド名だったら、絶対ここまで成長しなかったように思います。



~ROLEXの豆知識~

m1_781.jpgロレックス エクスプローラー Ⅱ

■ロレックスの王冠マークについて

チュードルが盾マークなのに対して、ロレックスは王冠マークというのが有名ですね。

しかし、どうやらこのマークは王冠ではなく、時計職人の手をモチーフにしているという説が有力なようです。

■風防の透かしについて

王冠マーク(手マーク)は文字盤だけでなく、風防ガラスの6時の位置にも刻印されています。

これは偽物防止のために、ロレックスが高度な技術を用いて透かしで彫っているもので、肉眼で発見するのはなかなか難しいです。

ルーペがあれば結構簡単に見つかるようですが、肉眼で見つけるコツとしては、蛍光灯の下で色々な角度から6時の位置の真上を探していれば確認できるかと思います。

ちなみにミルガウスのグリーンサファイヤクリスタルは、王冠透かしが彫られていないそうです。

■ルーレットとは

2004年以降に発表された新作モデルやZ品番M品番など新しいシリアルナンバーのロレックスには、文字盤と風防の間の円周にロレックス・シリアルナンバーが刻印されており、これを通称「ルーレット」といいます。

現在はルーレット有りと無しが混在していて、好き嫌いが分かれているようです。

新品のルーレット無しは今後どんどん流通量が減ってくるかと思いますので、ルーレットが気に入らない方は急いでルーレット無しをゲットしておくのが良いかもしれません。

ちなみにモデルチェンジが決定したシードゥエラーにはルーレット有りタイプが存在しないようです。

既に製造は終了しているということでしょう。

品番について

ロレックスの場合、Z品番とかM品番とか品番にこだわる方が多いのが特徴です。

特にモデルチェンジ直前に出た品番「最終品番」は高値で取引されるケースが多く、デイトナRef.16520の最終P品番は他の品番と比べて100万円近い価格差で売買されているようです。

現在最新の品番はMとなっていますが、これはA~Zまで順番に付けられているわけではなくバラバラですし、年度毎に変更されるわけでもないので、正確な製造時期などはわかりません。

参考までに各品番のだいたいの製造時期をご紹介しておきます。

1987年~ R
1989年~ L
1990年~ E
1991年~ X,N
1992年~ C
1993年~ S
1995年~ W
1996年~ T
1997年~ U
1998年~ A
2000年~ P
2001年~ K
2002年~ Y
2003年~ F
2005年~ D
2006年~ Z
2007年~ M






m1_914.jpgロレックス GMTマスターⅡ

☆ROLEX一番の人気商品☆

ロレックスの中でもひときわ人気の高いのがデイトナです。

デイトナという名前は24時間耐久のカーレースで有名な、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイから付けられたと言われています。実際ロレックスは1992年にはデイトナインターナショナルスピードウェイ「24時間耐久レース」のスポンサーになっていますし、レーシングイメージの強いモデルです。

1961年にデイトナファーストモデルと言われるRef.6239が登場します。

1970年代に今でも非常に人気の高いRef.6263が登場します。

手巻きデイトナの最終型として、1988年まで製造された超プレミアモデルです。

プラベゼル・プラ風防のレトロなスタイルに、バルジュー72系のCal.727を搭載した傑作品です。

メーカーでの修理・メンテナンスの受付は終了しましたが、その人気・相場の上昇は衰えを知らず、現在は400万円以上の相場となっています。

特にエキゾチックダイヤルを搭載しているポールニューマンモデルは発売当時は全然人気が無くて、流通量が少なかったそうですが、それだけに現在では超プレミア価格で取引されていることは有名です。

1988年に自動巻きムーブメント搭載したRef.16520が登場しました。

ムーブメントにゼニス社製のエル・プリメロをリファインしたCal.4030を使っており、風防がサファイヤクリスタルになり、トリプロックリューズを搭載して防水性も今までの倍の100mとなりました。エル・プリメロとはスペイン語で一番という意味です。

現行モデルに比べてインデックスやハンドが細いのがスマートな印象で良いです。

2000年に販売終了しましたが、今でも価格が上昇し続けている大人気モデルです。

特に最終P・A品番は200万円を軽く超える価格となっています。

そして、現行モデルがRef.116520です。

ロレックス念願の自社製ムーブメントCal.4130が搭載されています。

これで、全てのムーブメントがロレックスのオリジナル製となりました。

このムーブメントにより、リューズを引くと秒針が止まるハック機能が追加されパワーリザーブ機能も52時間→72時間に上がりました。

また風防には偽物防止のためにクラウンマークがレーザー刻印されています。

現行モデルも正規店で出会える確率は非常に低く、並行店ではプレミア価格で売られています。

m1_780.jpgロレックス エクスプローラー Ⅰ

ROLEXの中で最も人気のあるエクスプローラーⅠ

シンプルなデザインで、どのようなシーンにも活躍すること間違いなしのモデルです。

使いやすさも魅力の一つであり、機械式時計を初めて持つ方にも是非おすすめしたいモデルです。

m1_419.jpgロレックス サブマリーナ