ティファニー Tiffany&Co.  買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ

AREIZ・TFC

時計の買い取り 札幌ではアレイズへ

dummy_022.jpg

| HOME | ティファニー Tiffany&Co. 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ |

更新日 2012-06-27 | 作成日 2008-05-17

ティファニー(Tiffany&Co. )

アメリカンジュエリーのシンボル

20081114110201s.jpgティファニー Tiffany&Co. 

Tiffany&Co. ティファニー

☆ティファニーの歴史

販売が当たり前、どんぶり勘定の当時、TIFFANYは全く値引きをしない画期的な店でしたが、やはりそんな世の中ではかなり苦しい経営であり、開店初日の売上はわずか4.98ドルだったそうです。

しかしこのポリシーは顧客である富裕層に支持され、扱う商品の趣向や気品あるデザインが徐々に信用へと繋がって行きました。

それともう一つ、TIFFANYのシンボルとも言えるBlueのBoxです。

『TIFFANY Blue』と呼ばれTIFFANYで買ったものだけに与えられるBlue Box
として広告を必要としないポリシーがTIFFANYを大きく築く要因にもなりました。
無意識の中で誰もが認識でき、圧倒的に差別化されたマーケティング戦略が行われていました。

パテック フィリップと提携を結び、アメリカで初めて同社の時計の販売を手がけた歴史をもつティファニー。

時計に対するティファニーの情熱はメゾン創成期のころから消えることはありませんでした。

1870年代には時計作りの本場ジュネーブに工場を構え、念願の自社の時計の製作をスタートさせます。

それから150年以上にわたる時計作りの歴史を経て、ティファニーが2002年に発表したのが、「ティファニー マーク」。

フェイスの形、サイズ、ムーブメントなどのバリエーションは全24型・53種類。

19世紀に自社で製作した懐中時計をモチーフにしたシンプルでクラシカルな造形美を感じさせます。

スイスの名匠の手による細やかな技巧、完璧な仕上げは、ティファニーの時計作りにかける情熱と本格的な姿勢を物語っています。

160年に及ぶ高品質のブランドの歴史がもたらした『ティファニーのアンティーク(宝石、陶器、ランプ、花瓶など)』は、現在のオークションマーケットでも非常な価値を呼んでいます。

TIFFANYは、シルバーの定番商品とデザイナーズや高価なダイヤなど相反する商品を提供し、ブランドの一般化と希少化の両方に効果的に作用して、売り上げ拡大をもたらしました。

今でもすべてのクラスの定番ブランドでもあり憧れブランドでもあるという地位を獲得しすべての層をターゲットにしています。




☆ティファニーの歴史年表

1837年
Charles Lewis Tiffany(チャールズ ルイス ティファニー)と同級生のジョン・B・ヤングの二人が、ニューヨークのブロードウェイ259番地に文房具と中国骨董、陶器の店『Tiffany&Young』をオープンさせたのが始まり。

その店は当時とても特徴のある店でありその店は当時では相当たる$1000をも費やして作られた店でした。

1848年
チャールズ・ルイス・ティファニーは、二月革命から逃れたフランスの貴族たちより宝石を入手します。

これはアメリカに最初に渡った重要な宝石として記録されています。

このことよりティファニーは、アメリカを代表する宝石商として地位を確立し、『キング・オブ・ダイヤモンド』として広く知れ渡ります。

1845年
『TIFFANY,Reed&Co.』パリに出店します。

南北戦争が終わると好景気の後押しもあり会社はますます名声を高め、こ
のころにニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収しTIFFANYの銀製品の製造が始まります。

アメリカで初のスターリングシルバー基準を適用。

1853年
チャールズ・ルイス・ティファニーは共同経営者から経営権を買収しここで
初めて今名を連なる『TIFFANY&Co.』と改称します。

1867年
パリ万博でティファニーはアメリカで初の銀器部門で優秀賞を獲得し、世
界的な注目を集め、世界からも賛美されるTIFFANYとなります。

1873年
TIFFANY社の銀製の水差しや銅器がボストン美術館に所蔵されます。 1878年南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットものイエロー・ダイヤ
モンドの原石を、1万8千ドルで購入すると、TIFFANYは、Dr.ジョーン・フレ
デリック・クンツに研磨させました。

Dr.クンツは、90個のファセットを持つスクェア(四角形)の128.54カラットのダイヤモンドに研磨し、これによりカラットがダイヤの世界標準単位となりました。

『TIFFANY Diamond』と名付けられたこのダイヤモンドは、現在もニューヨーク五番街の本店に飾られ、今でも見ることが出来ます。

1885年
TIFFANYは、アメリカ合衆国公印のデザインを製作。
これは1ドル紙幣に使用されました。

1886年
ダイヤモンドを6本の爪で支える『ティファニー・セッティング』を発表。

現在でもTIFFANY爪・TIFFANYダイアなどと呼ばれ定着していますが、小さな爪でダイヤモンドの石全体を目立たせ、その輝きを最も美しく見せるデザインでマリッジリングなどでは代表的です。

1926年
TIFFANYが採用しているプラチナの純度基準を、アメリカ合衆国政府が公認。

1952年
パリ店開店。

1969年
チャールズ・ルイス・ティファニーの玄孫、ヘンリー・B・プラットティファニーはタンザニアで発見されたブルーのカラーストーン『タンザナイト』を発表。

現在12月の誕生石に追加されようかという案も出ている硬い輝きの高い石で
す。

1972年
三越日本橋店に出店。

1980年
パロマ・ピカソが、ジュエリー・コレクションを発表。




20081114110207.jpgアトラス

【アトラス】

ティファニーのニューヨーク本店にある時計がモチーフとなっているシリーズ
。ローマ数字が施された「アトラス」は1995年に発表され、ティファニーの代
表的なコレクション。