セイコー 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ

AREIZ・TFC

時計の買い取り 札幌ではアレイズへ

dummy_022.jpg

| HOME | セイコー 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ |

更新日 2012-06-27 | 作成日 2008-05-17

セイコー

Seiko

クオーツで世界を震撼させさらなる進化を目指す


20081009130455s.jpgパテック フィリップ 

data

創業年/1881年

創業者/服部金太郎

創業地/東京・京橋区(当時)

 セイコーの歴史は日本時計史そのものである。文明開化とともに日本にも太陽暦が導入された明治時代創業者の服部金太郎は、1881年に服部時計店を開業し、時計の修繕・販売を始める。

その後、外国製時計の仕入れとその卸・小売りを行い業績を伸ばし、1892年、念願の時計製造工場、精工舎を設立する。そして日清戦争勃発の翌年は、国産初の懐中時計「タイムキーパー」発売。

1913年には、国産初の腕時計「ローレル」を誕生させた。

その後、海外への輸出も増え、国内トップの地位を揺るぎないものにする。

が、関東大震災で工場を全焼するという悲劇に遭う。

しかし復興は早く、1924年には初のSEIKOブランドの名を冠した腕時計を発売した。
 
 大戦後、セイコーはスイスを目標とし、モデルの種類を増やしつつ、国際的に通用する高精度時計を追求。

1955年には、国産初の自動巻き腕時計「セイコーオートマチック」を発売し、1960年にはスイスのクロノメーター規格に匹敵する高精度を実現した「グランドセイコー」を誕生させる。

一方スイス天文台コンクールに参加し、数々の優秀な成績を修めた。

1964年には東京オリンピックの公式計時も担当。

電子計時の最新技術を駆使して成功に導き、その名を世界に知らしめた。

さらにクオーツの技術開発を徹底的に追求したセイコーは、1969年、ついに世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ・アストロン」を発売。月差±5秒という驚異的な精度でスイス時計産業を震撼させ、自らの手でクオーツ時代の幕を切って落としたのだ。

名実ともに世界のセイコーが動きだした。
 
さらにセイコーは、クオーツ時計の進化形態である「電池交換が不要なクオーツ腕時計の開発」という難問に取り組む。

幾多の試行錯誤を経て、1988年「セイコー・オート・クオーツ」が発売された。

が、販売は思わしくなかった。

しかしセイコーは研究を続け、AGS、キネティックと名称を変更しながら機能を向上させていった。

環境にもやさしいキネティックは、現在では多数のモデルに搭載され、セイコーの基幹技術のひとつとなっている。


★SEIKO激レア海外モデル★

20081009130445.jpg

日本が世界に誇る時計ブランドSEIKO。

ブランドテーマに革新と洗練を掲げるリーディングカンパニー。

海外向けラインとして製造されている逆輸入モデルは国内入手が困難なものも多く、人気が高い。

オーソドックスなデザインのハイスペックモデル。

★セミスケルトンモデル★


20081009130428.jpgジュール・オーデマ クラシック

文字板の10時位置に円形の小窓を設けて、メカニカルウオッチの心臓部といえる「てんぷ」、「アンクル」、「ガンギ車」などが規則的に動く様を愛でることができる。

また「てんぷ」を外部の衝撃から支える三つ又状のブリッジには、丹念な手作業によって、伝統的な「つげ模様」が施されている。さらに、シースルーバック構造となっており、時計越しに向こう側が覗けるなど機械式腕時計の醍醐味を存分に堪能できるモデルだ。

★パワーリザーブ&レトログラードモデル★

20081009130418.jpg

ブラックフェイスに統一された文字板はスポーティかつ躍動的な印象を持ち主に与えるデザイン。

パワーリザーブ表示を9時位置に、レトログラード式曜日表示を3時位置に配したレイアウトは、左右対称のシンメトリックな表情。24時針と時針の単独時差修正機能により、海外でも便利なデュアルタイム表示も可能。

ビジネスマンにも適したモデルといえるだろう。