タグ・ホイヤー 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ

AREIZ・TFC

時計の買い取り 札幌ではアレイズへ

dummy_022.jpg

| HOME | タグ・ホイヤー 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ |

更新日 2012-06-27 | 作成日 2008-05-17

TAG Heuer(タグ・ホイヤー )

img_carrera_.jpg 

タグ・ホイヤーの歴史

1950年代に始まった「カレラ・パンアメリカーナ」は、数多くの優れたドライバーが参加する壮大な自動車レースです。  

例えば、F1で5回世界チャンピオンになったアルゼンチンの偉大なレーサーであるファン マニュエル・ファンジオは、1953年にこの伝説のレースで勝利を収めています。

 タグ・ホイヤーでは1964年、この個性的な冒険イベントへのオマージュとして、スポーツ精神とエレガンスを兼ね備えたクロノグラフ タグホイヤー「Carrera」を発表しました。  

新しく生まれ変わった タグホイヤー「Carrera」モデルは、オリジナルモデルのシンプルなエレガンスを少しも失うことなく、「ジェントルマン・ドライバー」の時代の感動的な思い出を見事に表現しています。

過去30年間以上にわたり、タグ・ホイヤーは、国際スキーレースで使用され
る高性能の計時装置に取り組み、開発および製造を行ってきました。

1989年以降、タグ・ホイヤーは、北米で開催されたFISアルペンスキー・ワールドカップおよびヨーロッパの数多くのレースの専属計時担当として、独自の技術を提示してきました。

タグ・ホイヤーは、1999年ヴェイル(米国コロラド州)大会、2001年サン・アントン(オーストリア)大会ならびに2003年サン・モリッツ(スイス)大会の公式計時担当となることにより名声を上げ続けました。




この大胆なチャレンジは、2005年ヴェルビエで開催されたXspeedスキー選手権へと続き、タグ・ホイヤーはこの選手権で公式計時担当および主要スポンサーを務めるという名誉を受けました。この一流スキー競技は、パラシュートの自由落下に等しいスピードでスキーコースを滑走するスキーヤーのタイムをいかに計時するかという、技術的・人間的チャレンジでもあります。

今日、タグ・ホイヤーは、F1カーレースにおいて190を超えるグランプリレー
スの計時担当として、40年以上の経験を誇ります。

また、このブランドは2003年以来、伝説のインディ500を含め、インディ・レーシング・リーグの公式計時を担当しています。1966年には、1/1000秒の精度を保証し、さらにIRLレースにおいて1/10000秒の精度を保証した世界最初のブランドであり、今日、タグ・ホイヤーはスポーツの世界に比類なき精度と信頼性を提供することができるのです。

タグ・ホイヤーは、ハイレベルなスポーツに専心し、名声が確立されるチャレンジに取り組み続け、トップレベルのスキーの世界と共通する、大胆さ、信頼性、正確さ、自信、そしてパフォーマンスという、本質的価値を表現し続けます。





tagguhoiya.jpg