ゼニス 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ

AREIZ・TFC

時計の買い取り 札幌ではアレイズへ

dummy_022.jpg

| HOME | ゼニス 買取 札幌のリサイクルショップ:アレイズ |

更新日 2012-06-27 | 作成日 2008-05-17

ゼニス Zenith

天頂を目指した青年の
志が生んだスイスの老舗


img128.gifゼニス  時計王国スイスでもムーブメントから自社一貫製造を行う時計メーカーは、わずか数社に限られる。

ゼニスはそんなマニュファクチューののひとつである。

 スイス時計の生産地ル・ロックルでゼニスは1865年に誕生した。

創業者は弱冠22歳の青年、ジョルジョ・ファーブル・ジャコという。

ゼニスとは宇宙の頂点を意味する。

ゼニスという社名の背景には、若者ならではの未来への夢や希望が描かれ、そして、輝くお守りであり、幸

運へと導く空の道しるべである星を、そのシンボルとしました。

 創業からわずか10年後の1875年には1000人以上が働く大企業へと発展。

これは当時のル・ロックル市の人口の10分の1に匹敵していた。

 繁栄を促したのは、アメリカで生まれた最新鋭の生産方式であり、当時のスイスでも注目されていた機械

化による大量生産システムである。

他の時計メーカーは職人の技に頼った伝統的なスイス時計産業では、この分野は立ち後れていた。

才気あふれ、合理化精神に富んだ青年実業家ジャコはこれに目をつけ、いちはやく採用したのだ。

 時計以外にも、電話ダイヤルや各種のメーター類も手がけ、時代の需要とともにゼニスはさらに成長を遂げた。

1926年には20か所以上に分散していた工房をひとつにまとめ、大規模な工場を完成。

海外にも幅広く販売進出し、1927年には日本でもゼニスの鉄道時計が国鉄に正式採用されたほどである。

 量産システムばかりでなく、スイス時計ならではのクオリティの高さを誇る。

戦時中はミリタリーウォッチを開発し、アメリカをはじめ、ドイツやイギリスなどの軍隊に採用され、優秀性が実証されている。




 創業以来、手がけてきたムーブメントでは、1969年に開発された毎時36,000振動のエル プリメロは、10分

の一秒まで計測することが可能な初の一体型自動巻きクロノグラフ ムーブメントです。

今なおエル プリメロは、世界で最も速く正確な自動巻きクロノグラフであり続けています。。

 だが」クオーツ時計の全盛時代を迎え、ゼニスはアメリカ資本に買収された。

エル・プリメロを最後に本格的な機械式時計の開発・製造も断念せざるを得なかったのだ。

 やがてゼニスが再びスイス資本に戻った時、それまで中止されていた機械時計も生産が再開。

今日の隆盛に至っている。

1994年 エリート ムーブメント開発

1999年 LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループに参加

2002年 4種類のムーブメントと14の新モデルおよび52のバリエーションを発表

2003年 クロノマスター オープンを発表

2004年 エルプリメロ クロノグラフと統合された最初のトゥールビヨンモデルが誕生

2005年 レディース用トゥールビヨン、スタリシムを発表

2006年 スポーティシックなコレクション デファイを発表

2007年 ジュネーブ ウォッチ グランプリで、デファイ エクストリーム オープン ステルスがパブリック部

門において最優秀賞を受賞

2008年 8800トゥールビヨン ゼロ‐G(重力ゼロ)ムーブメントの登場

2009年はエル プリメロ誕生40周年記念にあたります。







32277.gif