ブライトリング 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ

AREIZ・TFC

時計の買い取り 札幌ではアレイズへ

dummy_022.jpg

| HOME | ブライトリング 買取  札幌のリサイクルショップ:アレイズ |

更新日 2012-06-27 | 作成日 2008-05-17

ブライトリングBreitling 

パイロットの要望と信頼が生んだ精密な時を計る航空計器

創業年/1884年
創業者/レオン・ブライトリング
創業地/スイス サンティミエ
現在地/スイス グレンシェン

Breitling

breitling.gifブライトリング 時計が時を知るために考えられた道具と仮定すると、クロノグラフは、時を計測するための計器になります。

ブライトリング社は、この時を計測するための計器に対してこだわり続けるメーカーです。

レオン・ブライトリングが1884年にサンティミエ村で開いた工房が、ブライトリング社の始まりになります。

当初から懐中型クロノグラフやストップウオッチの製作に情熱を傾けた。

やがて時は航空機時代の黎明期となり、レオン・ブライトリングもパイロットになることを目指した。

そのパイロットの夢を挫折したとき、自分の時計技術をパイロットに役立てることを目指す。

パイロット用小型懐中クロノグラフを数多く製作し、高い評価を得た。

ガストン・ブライトリングは、1914年に父の跡を継いだ後、1915年に世界初の腕時計型クロノグラフを発表し本格的航空時計の時代が幕を開けた。

1923年 独立したスタート&ストップ・ボタンを発明。

1934年 クロノグラフの針をリセットするボタンを開発。(現在のクロノグラフの機構はすべて、ブライトリング社の発案)







1936年 英国空軍との間でコクピット・クロックの供給を契約を結んだことで、

航空業界の信頼を得たブライトリングは、その後多くの航空機メーカーと契約を結び、航空機界で名声と信頼を高めていく。

1942年 世界初となる対数日盛り付きの計算尺を装備した初代「クロノマット」を発表。

1952年 航空計算尺を組み込み、ほとんどの航空計測を可能とした「ナビタイマー」を発表。

航空時計の代名詞とまで称えられるようになった「クロノマット」と「ナビタイマー」は今なお続く、同社の主要モデルである。

1962年 同社の「コスモノート」は大空を越え、宇宙へ。

1985年 アナログとデジタル複合表示の「エアロスペース」を発表。

そして20世紀が終わると共に、ブライトリングは全モデル、公認クロノメーター化を実現。

大空への夢が育んだ高い精度と技術。

ブライトリングには先人の夢と希望が息づいている。

ブライトリング オールドナビタイマー

ブライトリング オールドナビタイマー

51604110653.jpg


航空ウォッチの模範となる。

1952年の発表以来、当時の航空法にまで影響を与えたナビタイマー。

1985年、当時のデザインを継承して誕生したのがオールドナビタイマー。

当時のスペックをそのまま踏襲したドーム型風防や伝統の回転式計算尺付きなどが当時のファンのみならず当たらしいファンを獲得し、再びブライトリングの象徴的存在になりました。

初期のモデルは手巻きのみだが、モデルチェンジの後は自動巻きにモデルチェンジした。

SSケース。